2021/4/6 OB会定例(抜粋)

 日本大学天文学研究会OB会定例

日 時: 2021年4月6日(火) 20:30~22:10
場 所: オンライン(Discord)
出席者:
 [OB] 観測所長(26)、観測所事務長(27:記)、会長(40)、
    編集局長(42)、副会長・広報局長(43)、会計監査(53)
 [現役] 現役(56)、代表・OB連絡(57)

1. 現役報告(代表・OB連絡[57])
・Twitterで新入生が何人か入会したいとの連絡があった。
・LINEのグループでやりとりはしている。
・新二年生もまだ一度もサークル活動ができていない。
・集まっての活動はまだ難しい。
 →各個人で天体観測するのが問題ないなら
  時間を決めて各自で観測しながらLINEグループやYouTubeの限定公開等を使って
  リアルタイムに会話できると楽しそう。(OB)
  たとえば5月にある皆既月食なら、誰でも観られるし時間的にも良い題材。(OB)

2. 現役への天文情報
・皆既月食が 5/26(水) にある。20時頃南西の低い方向に皆既中の月が見える。
 皆既中には天の川がみえるかもしれないので、
 空の暗いところで観ると良い。(観測所長[26])
 https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2021/05-topics03.html
・2021/4/22夕方の「しし座η星の食 」もオススメ。(観測所長[26])
 https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/11912_ph210422
・多摩六都科学館のプラネタリウムに現役を招待できる。
 https://www.tamarokuto.or.jp
 日時と人数が決まったらSlackで連絡欲しい。(観測所長[26])

3. OB会入会
・55期 2名が入会。 (会計監査[53])
 →名簿に追加する。(副会長・広報局長[43])
  MLに追加する。(観測所事務長[27])

4. OB会報
・コロナ第4波が落ち着いた頃に印刷したい。(編集局長[42])
・総会も今年なので、
 少なくとも総会前には印刷をしなければならない。(観測所事務長[27])

5. OB総会
・総会はリモートで行う必要があるかもしれない。(観測所事務長[27])

6. 大月観測所(観測所事務長[27])
・4/11(日)にルーフ屋根の応急修理をする。日帰り。(観測所事務長[27])
 ・4/11(日) 10:00 猿橋集合
 ・目的: ルーフ屋根の応急修理
 ・参加者: 会長[40]、副会長・広報局長[43]、観測所事務長[27](責任者)
・修理方法
 ・今回は応急修理として防水シートを貼る。(副会長・広報局長[43])
 ・ハンドタッカー(ホチキス)で
  防水シートを屋根のベニヤに留める形。(副会長・広報局長[43])
 ・理想的にはベニヤ板 + 防水シート + ガルバリウム鋼板(副会長・広報局長[43])
 ・必要なもの: 防水シート、防水テープ(ダクトテープ)、ハンドタッカー
 ・防水シート(黒いロール)とハンドタッカーは大月観測所にあるはず。(観測所長[26])
  →先にプレハブ内を捜索して、
   なかったものをオーツルで購入する。(観測所事務長[27])
・ハシゴもプレハブ横に立てかけて、チェーンロックしてあるはず。(観測所長[26])
 →今回の修理対象であるルーフの向こう側(大月市街側)にハシゴを
  かける必要があるが、何年も(20年くらい?)草を刈っていない場所のため
  そこに行けるようにするのが一番の難関だと思う。(観測所事務長[27])

7. 大月観測所土地代納付
 ・3/20 OB[8]、会計[39]、会長[40]の3人で地主さん宅にお伺いし、
  土地代を納付した。(会長[40])
 ・地主さんはお元気だった。
 ・お子さんは土地を相続する気はないとのこと。
 ・他に売れないのであれば
  OB会に売却してもよいという雰囲気だった。(会長[40])
 →土地を購入するためには、OB会の法人化が必要。(観測所事務長[27])
 →登記に必要な住所が問題。
  大学の住所を登記するのは難しそう。(観測所長[26])
 →私書箱はダメか?(観測所事務長[27])
 →以前調査したときに駄目な理由が合ったと思う。(観測所長[26])
  → https://stayup.jp/1772
   (私書箱は住所・電話番号がないので登記できないとのこと)
 →持ち家で移動が少なそうな個人の住所に
  するしかないかもしれない。(観測所事務長[27])

8. 次回
 5/11(火) 20:00開始予定
 オンライン(Discord)
                                以上。

2021/3/2 OB会定例(抜粋)

 日本大学天文学研究会OB会定例

日 時: 2021年3月2日(火) 20:30~21:30
場 所: オンライン(Discord)
出席者:
 [OB] 観測所事務長(27)、編集局長(42)、副会長・広報局長(43:記)
 [現役] 現役(56)×2

<現役から>
特になし。(現役[56])

<OBより>
・大月観測所修繕
大月観測所は緊急事態宣言中なので行けないが、
解除され次第、ルーフの雨漏り修繕をしたい。(観測所事務長[27])
修繕の方法について松竹梅の3案ある。(副会長・広報局長[43])

  1. トタンとベニヤ板を全て剥がす
  2. 鉄骨に腐食対策を施す
  3. 新しくベニヤ板を張り直す
  4. ベニヤ板の上に防水シートを貼る
  5. ガルバリウム鋼板(最新のトタン)を施工
  1. 剥がれているトタンを除去する
  2. ベニヤ板の上にガルバリウム鋼板を施工
  1. 剥がれているトタンを除去する
  2. ベニヤ板の上に防水シートを貼る
  • 共通
  • ビスなどで固定する部分から腐食が進むので、
    防水テープや防腐対策の接着剤を適宜利用する
  • 隙間となって雨漏りの可能性が発生する部分は
    防水テープによる補強をする

    ・大月観測所の土地代
    大月の土地代はOB[8]と話して、
    3月20日に地主さん宅に訪問する予定。(会長[40]からの言伝)

    ・会報
    緊急事態宣言の解除が決まってから、印刷日を検討します。(編集局長[42])

    ・OB会の入会案内
    編集局長[42]作成の案内を現役と代が近い会計監査[53]から4年生に伝え、
    その中で展開してもらう。(編集局長[42])

    <次回>
  • 2021-04-06(火) 20:00~
  • 場所: オンライン(Discord)

以上。

2021/2/2 OB会定例(抜粋)

 日本大学天文学研究会OB会定例

日 時: 2021年2月2日(火) 20:30~21:20
場 所: オンライン(Discord)
出席者:
 [OB] 観測所事務長(27:記)、会長(40)、編集局長(42)
 [現役] 現役(56)×2、代表・OB連絡(57)

1.現役より
・来年度の前期の授業が今と同様、オンラインと対面併用に決定した。(現役[56])
・昨日あたりで授業は終わり。ほとんどの人が春休みに入ったと思う。(現役[56])
・追いコンも中止。(現役[56])
・4月以降のサークル活動についてはまだ何も言われていない。(現役[56])
・今年度の1年生とはまだ一度も会ったことがない。(現役[56])

2.OBより
■大月観測所
 ・12/19に草刈りしたあと、まだ行けていない。(観測所事務長[27])
 ・緊急事態宣言が終わり次第、
  雨漏りしているルーフの屋根修理と畳をなんとかしたい。(観測所事務長[27])
 ・山梨は緊急事態宣言は出ていないので、
  山梨在住の人なら観測所に行けるかも。(観測所事務長[27])
 ・3月にグランドシートかけて、畳を処理する。梅雨前には。(会長[40])
 ・修理方法については改めて詳しそうな人と相談する。(観測所事務長[27])
 ・大月の土地代支払いが3月なので意識する必要有り。(編集局長[42])
  →前回はOB[8]、会計[39]、会長[40]の3人で訪問した。(会長[40])
  →OB[8]に相談する。(会長[40])
■OB会報
 ・発行日にかかわらず、2月末を原稿締め切りとする。(編集局長[42])
 ・発行は緊急事態宣言解除が最低条件。
 ・最速で3月20日(土)か27日(土)。
■OB会入会案内
 ・LINE等用の文面を来月用意する。(編集局長[42])

3.次回
・3月2日(火) 20:00~
・場所: オンライン(Discord)

                               以上。

2021/1/5 OB会定例(抜粋)

 日本大学天文学研究会OB会定例

日 時: 2021年1月5日(火) 20:30~22:00
場 所: オンライン(Discord)
出席者:
 [OB] OB(15)、観測所事務長(27:記)、編集局長(42)、広報局長(43)、会計監査(53)
 [現役] 現役(55)、現役(56)×2、代表・OB連絡(57)

1.現役より
・代替は冬休みやテストで忙しかったので、これから会える機会を作って、
 引継ぎを行う予定。
・新入生勧誘をリモート(Zoom)で行った。
 ・文理学部の「令和2年度公認サークル新会員募集開催」に参加。
  https://www.chs.nihon-u.ac.jp/student/2020-12-25/21897/
 ・サークル紹介などを行った。
 ・5日間開催して、20名くらい参加した。
 ・4~5名ほど入会してくれた。
 ・もともと新入生は8名ほど入会していたので12~13人ほどになった。
・新役職について
 ・OB大月連絡の役職をOBと大月に分けた。
  (大月連絡が他のサークルとの兼ね合いで火曜日に出られないため)
 ・代表がOB連絡を兼任。
・(このご時世なので)追いコンや卒業生へのプレゼントは検討中。(現役[56])

  1. OBより
    ・大月観測所 報告(観測所事務長[27])
     ・会長[40]と観測所事務長[27]で草刈り機により草刈りした。
     ・木星と土星の接近を観測。
     ・ルーフの屋根トタンが一部剥がれて、雨水が畳を腐られていた。
      応急対処が必要。
      →脚立が必要。観測所になければ持っている方に借りたい。
    ・OB会入会の案内をする時期なので、
     会計監査[53]から現役[55]へ送付お願いしたい。(編集局長[42])
    ・OB会報(編集局長[42])
     ・業者に印刷から製本までしてもらって、OBは封筒詰めのみの予定。
     ・緊急事態宣言のため、2月→3月に延期になるかも。
      今週いっぱい様子を見て決めたい。(編集局長[42])
      (→延期となりました)
    ・15期の方が飛び入り参加!
      
    3.次回
     ・2月2日(火) 20:00~ オンライン(Discord)                                                 以上。

2020/12/1 OB会定例(抜粋)

 日本大学天文学研究会OB会定例

日 時: 2020年12月1日(火) 20:45~22:10
場 所: オンライン(Discord)
出席者:
 [OB] 観測所事務長(27:記)、会長(40)、編集局長(42)
 [現役] 代表(56)、大月連絡(56)

1.現役より
・代替について
 ・Zoomで代替の会議を実施予定。
 ・総会というほど全員参加はできないので、
  56期と57期の役職持ちと次の役職の人は全員参加。
 ・その他にはLINEで後日報告する形にしようかと
  考えている。(代表[56]、大月連絡[56])
・授業はいまだにオンライン。
・他のサークルもオンラインのみ活動許可。
・12/3に学生課による令和3年度のサークル説明会があるので、
 そこで何かあるかもしれない。(大月連絡[56])
 (それにでないとサークルの存続ができない)
 →以前は4月など春にやっていた(会長[40])
・Twitterでの情報共有は続けている。(大月連絡[56])
・1年: 入部希望が8人くらいいる。しかし活動できていない。(代表[56])

2.OB
・OB会報
 ・原稿は年内にお願いしたい(編集局長[42])
 ・印刷予定は1月。(編集局長[42])
  ただし現在の新型コロナ第3波に、ある程度の収束が
  見えなければ延期あり。(編集局長[42])
 ・安価な印刷業者を発見した。
  これまでとあまり変わらない金額で依頼できそう。(編集局長[42])
 ・業者に頼んだ場合、印刷、製本まではしてくれる。(編集局長[42])
  →楽になるならよいのでは(会長[40])
 ・製本されたものを誰かの家に送付してもらう形になる。
  →観測所事務長[27]の家に送付して貰えば、宅配ボックスで受けて
   車で郵便局に持っていける。(観測所事務長[27])
  →そこなら、作業場所、郵便局が揃っている。(編集局長[42])
 ・ただし、封筒入れ、封、ラベル貼り、郵便局でスタンプ押しが必要で、
  作業にはある程度人が必要。(編集局長[42])
 ・作業場所: そこなら貸し会議室がある。(編集局長[42])
   →駐車場が近くにあるかが問題。(観測所事務長[27])
 ・電子化は準備が間に合わなそう。(編集局長[42])

・新年会
 ・リアルでの開催はきびしそう。
 ・OB会定例と兼ねてオンラインで実施?(会長[40])

・大月観測所草刈り
 ・12/13(日)と仮決めしていたが、それはふたご座流星群の極大の12/14に
  合わせていたため。しかし、観測所事務長[27]が12/13夜から出張のため、
  前倒しして欲しい。(観測所事務長[27])
 ・12/12(土) とする。(会長[40])
   ・10:00 猿橋駅集合(会長[40]、観測所事務長[27])

・来月は現役がもう次世代。
 ・新メンバをML、Slack、Discordに招待するので
  決まったら教えて欲しい。(観測所事務長[27])
  →了承した。(大月連絡[56])

・次回
 ・1月5日(火) 20:00~
 ・オンライン(Discord)
 ・新年会(仮)

以上。

2020/11/10 OB会定例(抜粋)

 日本大学天文学研究会OB会定例

日 時: 2020年11月10日(火) 20:15~21:20
場 所: 新宿貸し会議室(オークプラザビル4階)
出席者:
 [OB] 会計(39)、会長(40)、編集局長(42:記)、広報局長(43)
 [現役] 現役(55)、大月連絡(56) ※現役はオンラインでの出席

1.現役より
・オンラインでNovaCygを開催した。
 新入生向けのサークル紹介、星の紹介、その他にテーマを決めて。(大月連絡[56])
  ⇒いきなりだと難しい面もあると思うので、
   少しずつ広げていけたら良いと思う。(会長[40])

・新型コロナ以降、多分、サークル室に入っていない。
 サークル棟自体が閉まっている。(現役[55]・大月連絡[56])

・代替総会については検討中。(大月連絡[56])

・OB会報に掲載する現役活動報告については分かりました。(大月連絡[56])
  ⇒今年は書ける内容があまりないと思うけど、
   現状を書いてもらえれば良いです。
   無理に内容を膨らます必要はないです。(編集局長[42])
  ⇒後から見て、この年は何をしていたか、
   記録に残しておく事は大事。(会計[39])

2.OB
・大月観測所
 ・草刈り 12/13(日)
  ・12月に木星と土星の大接近があるので、その辺りで行く?
  ・ふたご座流星群もある。(12/14(月)極大 HR55)
 ⇒来月のOB会で決める。

・OB会報
 ・1月発行を目標で進め、原稿〆切は年内。(編集局長[42])
 ・新型コロナ再拡大の懸念がある為、
  通常行っている様な手作業での印刷、製本作業は避けたい。
  今号に限っては、
  試験的に電子での公開にしてはどうか。(会長[40]・広報局長[43])
 ・電子の場合、以下の方法が考えられる。
  ⇒OB会サイトで公開(個人名はイニシャルなどにする)
   メーリングリストでの展開
  ⇒詳細な方法は、なるべく早く詰める。

3.次回
・12/1(火)20:00~
・ここに来て、新型コロナ再拡大の懸念が出て来た為、
 貸し会議室ではなく、再度、オンラインのみでの開催とする事も検討。
 ここ1、2週間程度の状況を見て、どちらにするかを判断する。(会長[40])

以上。

2020/10/6 OB会定例(抜粋)

 日本大学天文学研究会OB会定例

日 時: 2020年10月6日(火) 21:00~22:30
場 所: Discordによるオンライン会議
出席者:
 [OB] 観測所事務長(27:記)、会長(40)、編集局長(42)、広報局長(43)
 [現役] 大月連絡(56)

1.現役より
・9/24から後期の授業が始まった。集中授業があったりして夏休みの始まる
 タイミングが人によってバラバラだった。
 自分は8月授業があって夏休みは実質2週間くらいしか無かった。(大月連絡[56])
・10/8(木) NovaCyg(星の紹介)をリモートで行う予定。(大月連絡[56])
 (Zoomを利用予定)
・大学キャンパスには人数は緩和されたが、入るのは厳しい。(大月連絡[56])
・桜麗祭は無し。
・OB・OG現役懇談会 →今年は中止。
・代替は予定?
 →代替や総会については執行会でほぼ決まったが、
  引継ぎをどうするかはまだ決まっていない。

2.OB
・久しぶりに新宿に行ったところ、
 二次会でよく使っていた「金の蔵」が閉店していた。(会長[40])

・大月観測所
 ・草刈り 12/13(日)
  ・12月に木星と土星の大接近があるので、そのあたりで行く?
  ・ふたご座流星群もある。(12/14(月)極大 HR55)

・OB会報
  ・1月発行を目標で進める。(編集局長[42])
  ・記事は年内〆切。(編集局長[42])
  ・現役にも少し記事をお願いしたい。(編集局長[42])
  ・カラー写真も載せたい場合、ZINEという形式もある。(広報局長[43])

・来月のOB会
 ・11/10(火) 20:00~
  (11/3は文化の日のため)
  貸し会議室: https://www.spacee.jp/listings/9227
 ・会議室でやる?
  ソーシャルディスタンスが確保できる広い貸し会議室を調べた。(編集局長[42])
  → 右記がよさそう: https://www.spacee.jp/listings/9227
 ・現役はDiscordにてリモート会議。希望OBも。

以上。

2020/9/1 OB会定例(抜粋)

 日本大学天文学研究会OB会定例

日 時: 2020年9月1日(火) 21:00~22:30
場 所: GoogleMeetによるオンライン会議
出席者:
 [OB] 観測所長(26)、観測所事務長(27)、会長(40)、
    編集局長(42)、広報局長(43:記)、会計監査(53)
 [現役] 大月連絡(56)

1.現役より

(1)OB・OG現役懇談会
今年は中止します。

(2)その他活動について
ほぼ休止状態です。

2.OBより

(1)大月観測所
コロナが収束したら観望したい。

(2)天文現象について
・12/21-22に、木星と土星が望遠鏡の同一視野に入るとても貴重な機会があります。
・今年の双子座流星群は条件がいいので、そちらも観望したい。

(3)小国交流会
中止です。

(4)GoogleMeetはどうする?
9月末で使えなくなるので、Discordに移行します。
とはいえ、年内に一度顔を合わせたいですね。

Discordの参加方法等については追って連絡をします。

3.次回
・10/6(火) 20:00~ オンライン開催の予定
・Discordのボイスチャット機能を使って開催予定

以上

2020/8/4 OB会定例(抜粋)

 日本大学天文学研究会OB会定例

日 時: 2020年8月4日(火) 20:45~21:35
場 所: GoogleMeetによるオンライン会議
出席者:
 [OB] 観測所事務長(27:記)、会長(40)、編集局長(42)
 [現役] 大月連絡(56)

1.現役より(大月連絡[56])

(1)桜麗祭は中止。オンライン開催を検討中。
 https://twitter.com/ohrei_fes/status/1289908917812649985?s=20

(2)後期授業
 ・講義は遠隔授業(オンライン,オンデマンド,課題研究)
 ・実習は対面
 ・テストの代わりにレポート提出

(3)新入生に対して
 ・Twitterでの情報共有を続けている。

(4)OB・OG現役懇談会
 例年なら8月から準備を始めなければならない。
 →人数が多いオンライン飲み会のようにする?
  グループ分けができればなんとかなるかも?(観測所事務長[27])
  →リアルのときも6人×7グループくらい?(編集局長[42])
  →Discordはグループ(チャンネル)分け機能があったはず。(会長[40])
  →試してみる。(観測所事務長[27])

2.OBより

(1)大月観測所
 ・7/19 ネオワイズ彗星を観測。
  ルーフから北西側(杉林の左側)で肉眼でも長い尾が見えた。
  双眼鏡や30cm反赤では
  非常に発達したダストテイルが観測できた。(観測所事務長[27])
   https://twitter.com/hiroz/status/1284825762478960641?s=20
 ・6/21に草刈りしたが、また草が伸び始めていた。(観測所事務長[27])
  →9月頃にまた草刈りをしたい。(会長[40])
 ・ルーフを使用したが6月に床下にいたハチの存在は確認出来なかった。
  夜だったから活動しなかったかも(観測所事務長[27])

(2)小国(楯山荘)のサイトがリニューアルし、予約もできるようになった。(会長[40])
 ・https://www.tateyamasou.com/
 ・組織として訪れることはできないので、
  訪れる際は個人でよろしくお願いします。

(3)天文現象について
 ・ペルセウス座流星群 8/12 極大(会長[40])
  ・ただし下弦の月が残っている。
   https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2020/08-topics02.html
 ・ネオワイズ彗星もまだ夕方西の空に見えている。(観測所事務長[27])

  1. 次回
     ・9/1(火) 20:00~ オンライン開催の予定
     ・Google Meetの無制限無料期間は9月30日まで。
      それ以降は1時間で切断される。(編集局長[42])
      →Discordを利用してみたい。(観測所事務長[27])

以上

2020/7/7 OB会定例(抜粋)

 日本大学天文学研究会OB会定例

日 時: 2020年7月7日(火) 20:00~21:20
場 所: GoogleMeetによるオンライン会議
出席者:
 [OB] 観測所長(26)、会長(40)、編集局長(42)、
    副会長・広報局長(43:記)
 [現役] 大月連絡(56)

1.現役より
 (1) 現状、活動どころか学校にも入れない。(大月連絡[56])

2.OBより
 (1) 大月観測所の整備を行った。 (会長[40])
   観測所は健在。
   草刈りを実施。
   ルーフの下に蜂が巣を作っている模様。
   コロナウイルス感染者の推移や行政や自治体の様子を見つつ、
   可能な時に視察に行きたい。

 (2) 小国について。(観測所長[26])
   地元の人たちは来て欲しいそうです。
    ⇒組織だって小国に訪れることはできないので、
     訪れる際は個人でよろしくお願いします。
   また、小国と天文研で積み上げてきた伝統が途絶えてしまうのでは
   ないかということも危惧しているそうです。
    ⇒これについては、現役の方からも以降もお世話になりたい旨を
     伝えてもらうことになりました。

 (3) 多摩六都科学館のタダ券が10枚ほどある。(観測所長[26])
   現役に渡したいが、連携手段がないので、当面は塩漬けにします。

 (4) ネオワイズ彗星きてます。(観測所長[26])
   今週がラストチャンスです。

3.次回OB会
 ・8/4(火)
 ・またオンライン開催とするかは状況を7月おわりに確認して、
  1週間前をめどに判断する。
 ・問題なさそうなら会議室で開催。

以上。