OB会定例開催のお知らせ(2024年1月)

注目

================================================================
<日時>
2024年1月9日(火) 20:00~

<会場> ※オンライン併用
東京都新宿区西新宿1-12-10 八洋ビル2F
ル・カフェ・ドゥブルベ(Le cafe dubleve)
(JR新宿駅中央西改札より徒歩5分[新宿郵便局付近])
地図:https://retty.me/area/PRE13/ARE1/SUB112/100000013190/map/
会場詳細:https://retty.me/area/PRE13/ARE1/SUB112/100000013190/

<注意>
・オンラインでの参加方法は、MLやOB会役員へお問い合わせ下さい。
================================================================
<OB会定例とは・・・>
毎月第1火曜日(祝日の場合は翌週)20時より、
新宿駅周辺(オンライン併用)で開催しています
(偶数月は貸し会議室、奇数月は喫茶店[ル・カフェ・ドゥブルベ])。
主に現役代表者とOB会役員、OB会員の間での活動報告や
今後の活動などの話し合いを行っています。
皆様のご参加をお待ちしております。

2023/12/5 OB会定例(抜粋)

 日本大学天文学研究会OB会定例

日 時:2023年12月5日(火) 20:00~22:00
場 所:新宿貸し会議室 ※オンライン(Discord)併用
出席者:
[OB] 観測所事務長(27)、会長(40)、編集局長(42)、
   副会長/広報局長(43:記)、会計監査(53)
[現役] 大月OB連絡(59)

1. 大月観測所
・日程:12/17(日)
・日帰りで整備を行う。
・1年生2名、3年生3名が参加予定。
・12/23(土)はOBの予定が微妙の為、開催しない。

2. OB現役懇談会
・60周年を見送った上で、2/23(祝・金)に開催予定。
・中継ありだった2023年のOB懇をベースに企画。
・たつみ(下高井戸)で開催予定。

3. OB総会
・OB懇と同日の2/23(祝・金)開催予定。
・貸し会議室を押える。
・1/20(土)までを目標にOB懇と同梱で案内を発送する。

4. 第65号OB会報
・OB総会後に発行予定。

5. 次回
・現役の次代の大月OB連絡が来る予定。
===================================================================
<日時>
2024年1月9日(火) 20:00~

<会場> ※オンライン(Discord)併用
住所:東京都新宿区西新宿1-12-10 八洋ビル2F
   ル・カフェ・ドゥブルベ(Le cafe dubleve)
   (JR新宿駅中央西改札より徒歩5分[新宿郵便局付近])
地図:https://retty.me/area/PRE13/ARE1/SUB112/100000013190/map/
会場詳細:https://retty.me/area/PRE13/ARE1/SUB112/100000013190/
===================================================================

以上。

2023/11/7 OB会定例(抜粋)

 日本大学天文学研究会OB会定例

日 時:2023年11月7日(火) 20:00~22:00
場 所:ル・カフェ・ドゥブルベ(Le cafe dubleve) ※オンライン(Discord)併用
出席者:
[OB] OB(27)、観測所事務長(27)、会長(40)、
   編集局長(42:記)、会計監査(53)、OB(57)
[現役] 現役(59)、夏合宿(59)×2

1. 桜麗祭
・日程:11/3(祝・金)~5(日)
  ⇒桜麗祭の投票の結果、ランキング外であった。
  ⇒2日目はプラネタリウムが動かなかった。
  ⇒来年は機材を替える可能性あり。
  ⇒解説に人をあまり割り当てられなかった。
  ⇒天文写真はサイズを引き延ばして、展示しても良いと思う。(OB[27])

2. その他の現役活動
・12月は例会、観測×2を考えている。
・ふたご座流星群に合わせて、どこかに行く予定。
・忘年会を行うかを検討中。
・その他、来年への引継ぎ、春合宿、その他の活動、
 天文研の規約などに関する相談を実施。
 会計監査[53]より、引継ぎや規約に関する資料提供があった。
  ⇒現状と規約に差異があると思うが、
   規約を現状に合わせるのが良いと思う。(編集局長[42])

3. 大月観測所
・いつでも良いです。(会長[40])
・12月の方が現役から人を出しやすい。
 例会で12月のいつにするかを話し合ってみる。
 12月に来れるOBは誰か?(現役)
  ⇒確認する。(編集局長[42])

4. 60周年
・12/2(土)開催予定としていたが、
 OB会の方での招待状発送も含めて、準備が進んでいない為、開催は厳しい。
 一旦、開催有無を含めて白紙とする。
  ⇒11/11のMLにて周知済。
・今年2月に開催したOB懇の様な形を取れないかを検討。
 新年会をここに合わせる事も検討。

5. OB総会
・年度内に開催しないといけない。日程を検討。
・開催通知と第65号OB会報の発行を合わせる事も検討。

6. 次回
・OB会をコロナ禍以前の偶数月は貸し会議室、
 奇数月は喫茶店(ル・カフェ・ドゥブルベ)の形へ戻す。
・12/5(火) 20:00~22:00 貸し会議室

以上。

2023/10/3 OB会定例(抜粋)

 日本大学天文学研究会OB会定例

日 時:2023年10月3日(火) 20:00~22:00
場 所:新宿貸し会議室 ※オンライン(Discord)併用

1. 大月観測所
・日程:10/7(土)
・日帰りで草刈りを行う。
・土星が見えるかもしれない。
・終わったら温泉?
・21時完全撤収目標。
・持ち物
 →軍手とゴム手袋
 →マスク
 →肌を出さないような服装で!
 →日焼け止め
 →(あれば)ゴーグル
・現状は草がかなり伸びている。

⇒【1/6追記】OB8名程、現役5名程で予定通り実施。

2. 小国収穫祭
・日程:9/30(土)
・楽しかったです。(現役)

3. 第65号OB会報
・現役の夏合宿の感想などを載せたい。
  ⇒【1/6追記】現役より提出済。

4. 次回
・11/7(火) 20:00~

以上。

2023/8/1 OB会定例(抜粋)

 日本大学天文学研究会OB会定例

日 時:2023年8月1日(火) 20:00~22:00
場 所:新宿貸し会議室 ※オンライン(Discord)併用
出席者:
[OB] OB(27)、観測所事務長(27)、会計(39)、会長(40)、
   編集局長(42:記)、副会長/広報局長(43)、会計監査(53)、OB(57)
[現役] 夏合宿(59)×2、大月OB連絡(59)

1. 夏合宿(夏合宿[59]×2・大月OB連絡[59])
・日程:8/16(水)~20(日)
 交流会:8/19(土)
  ⇒現役の参加人数の関係で、当初の予定から日程が短縮されている。

・交通、食材、参加者の確認は出来た。

・参加人数は40人で、半分は新入生。男女比は同じ位。

・交通手段は、青春18きっぷと新幹線で分かれている。
 初日の青春18きっぷでの移動は、新入生:上級生=9:1。

・現在、他の団体が12人くらい宿泊している。
 天文研の合宿期間とも重複する。(OB[27])

・食事のメニューは、以前の夏合宿のものを参考にした。
  ⇒OBも初日から居るので、
   火の使い方などの詳細は現地で説明する。(副会長/広報局長[43])

・今回は失敗を楽しむ感じで良いと思う。(副会長/広報局長[43])

・望遠鏡は?
  ⇒現地に4台くらいある。(OB[27])
  ⇒使い方などに不安があれば、使い慣れたものを持って行っても。
   輸送などが大変であれば、双眼鏡でも良いと思う。(会長[40])

・車班の予定は?(会長[40])
  ⇒初日から参加するOBと現役の車班で連絡を取り合いながら、
   しゃりんに16時目安で待ち合わせる事になった。

・荷物を小国へ事前に送る場合、
 ヤマト運輸でないと届かないかもしれない。(会計監査[53])

・今回の夏合宿中に来年はこういう事をやりたいという事を
 考えても良いと思う。(編集局長[42])

・その他、交通、機材の輸送、小国の設備や生活などの諸々の確認を行った。

2. 大月観測所の見学
・9月下旬以降が開催目安。

3. 第65号OB会報
・印刷の外注を行うので、余裕を持ったスケジュールが必要。
・OB会役員の所信表明など、原稿に未提出があるので、
 未提出分の原稿提出をお願いします。

4. 次回
・7月までと同じ会場で開催予定。
====================================================================
<日時>
2023年9月5日(火) 20:00~22:00

<会場> ※オンライン併用
新宿貸し会議室(東京都新宿区新宿4-2-21)
(JR新宿駅ミライナタワー改札より徒歩4分、
 地下鉄新宿三丁目駅E6出口より徒歩20秒)
会場詳細:https://www.spacee.jp/listings/24410
⇒設備の規則上、場所等の詳細は予約者以外には、公にしてはいけない為、
 お手数ですが、開催日前に流れるMLの方でご確認下さい。

<注意>
・退出時に簡単な清掃を行います。
・飲み物や食事は出ません(持ち込みは可能)。
・会場入室が20時からの為、会場からのオンライン接続は20時よりも少し遅れます。
 オンラインでの参加方法は、MLやOB会役員へお問い合わせ下さい。
====================================================================

以上。

2023/7/4 OB会定例(抜粋)

日本大学天文学研究会OB会定例

日 時:2023年7月4日(火) 20:00~22:00
場 所:新宿貸し会議室 ※オンライン(Discord)併用
出席者:
[OB] 観測所事務長(27)、会長(40)、副会長/広報局長(43:記)、OB(56)
[現役] 大月OB連絡(59)

1. 大月合宿
・日程:7/9(日)に日帰りで開催。
・現役は男子2人、女子3人で参加。14:45頃に猿橋駅集合。
・草刈りをする。
 長ズボン推奨。半袖でも大丈夫だとは思うけど、ハイキング装備が良い。
・晴れたら星を見る。
・曇ったら、機材の紹介と操作の説明会をする。
・雨天中止(前日に決める)
  ⇒【7/30追記】悪天候の為、中止となった。

2. 60周年(※23/8/6修正)
・日程:12/2(土)
・場所:渋谷

・参加人数50人くらいを目標とする。
・9月頃に招待状の発送を行う。
・OB総会は今年度中には開催するが、60周年と同日には開催しない。

3. 大月観測所支援金
・お金が必要になる事は間違いない。
 40周年の時は、30cm復活をテーマに掲げた。

4. 第65号OB会報
・印刷の外注を行うので、余裕を持ったスケジュールが必要。
・OB会役員の所信表明など、原稿に未提出があるので、
 未提出分の原稿提出をお願いします。
・名簿の整備が必要。

5. 大月観測所の今後について
・今後の大月観測所の方針について、サミットを開催したい。

6. 次回
・7月の会場に近い、別の会場で開催。
====================================================================
<日時>
2023年8月1日(火) 20:00~22:00

<会場> ※オンライン併用
新宿貸し会議室(東京都新宿区新宿4-2-1)
(JR新宿駅ミライナタワー改札より徒歩4分、
 地下鉄新宿三丁目駅E6出口より徒歩10秒)
会場詳細:https://www.spacee.jp/listings/24692

<★☆ 重要 ☆★>
・鍵は利用時間前に開く様ですが、絶対に時間外の入室は行わないで下さい。
・退出時に施錠の必要はありませんが、
 途中退出の場合、事前の連絡をする必要がある様です。

<注意>
・退出時に簡単な清掃を行います。
・飲み物や食事は出ません(持ち込みは可能)。
・会場入室が20時からの為、会場からのオンライン接続は20時よりも少し遅れます。
====================================================================

以上。

2023/6/6 OB会定例(抜粋)

 日本大学天文学研究会OB会定例

日 時:2023年6月6日(火) 20:00~22:00
場 所:新宿貸し会議室 ※オンライン(Discord)併用
出席者:
[OB] 観測所事務長(27)、OB(36)、会長(40)、
   編集局長(42)、副会長/広報局長(43:記)、OB(56)
[現役] 夏合宿(59)、大月OB連絡(59)

1. サークルメンバーの現状
・新入生の人数:47人
・全体の人数:84人

2. 夏合宿
・日程:8/16(水)~8/22(火)
  ⇒【7/30追記】現役の参加人数の関係で、
         その後、8/20(日)までの日程に短縮されている。
・コロナ禍明けで、長期合宿のノウハウの蓄積が散逸してしまった為、
 その相談会を実施。

3. 60周年
・桜麗祭期間を除いた上で、早くて9月だが、
 実際には難しそうなので、11~12月をターゲットにする。

4. 大月観測所支援金
・観測所を今後どうするかは決まっていないが、お金が必要になる事は間違いない。
 尚、40周年の時は、30cm復活をテーマに掲げて支援金を募った。

5. 第65号OB会報
・印刷の外注を行うので、余裕を持ったスケジュールが必要。
・OB会役員の所信表明など、原稿に未提出があるので、
 未提出分の原稿提出をお願いします。

6. 大月観測所の今後について
・今後の大月観測所の方針について、
 ステークホルダーを招いて話し合った方が良い。

7. 次回
・7/4(火) 会議室+リモート開催

以上。

2023/5/9 OB会定例(抜粋)

 日本大学天文学研究会OB会定例

日 時:2023年5月9日(火) 20:00~22:00
場 所:新宿貸し会議室 ※オンライン(Discord)併用
出席者:
[OB] 観測所事務長(27)、OB(36)、会計(39)、会長(40)、
   編集局長(42)、副会長/広報局長(43:記)、会計監査(53)、OB(56)
[現役] 大月OB連絡(59)

1. 大月観測所
・5/13(土)に日帰りで開催。
・現役は4人参加予定
 →OBは10時集合
  →観測所事務長[27]、OB[27]、OB[36・早退]、会長[40]、編集局長[42]
 →現役は15:00くらいを目標に猿橋駅集合。
  →大月駅じゃないので注意!
  →到着時刻が何となく分かったら教えて下さい。
 →中止の判断は前日(5/12) 20時までにお知らせします。
⇒【6/1追記】
 雨予報の為、5/13(土)から延期。
 現時点では6/3(土)に開催予定
 (6/2(金)20時に天気予報を確認して開催可否を判断)。
 以降は、6/4(日)、6/10(土)、6/17(土)が予備日となっている。

2. 夏合宿
・日程
 →6泊7日を予定。日にちをどうしようか相談中。
  →候補1:8/11(金・祝)~17(木)(ペルセウス座流星群+新月)
  →候補2:8/16(水)~22(火)(貸切可能)
・交通手段
 →電車(青春18きっぷ、新幹線)
  →車はどうする?
   →おいおい相談。
   →バスは小国の方に頼めば手配してくれるらしい。
・何持って行くの?とか色々とある。
・交流会とか観望会とか過去の気になる事があったら気軽にOBへ連絡下さい。
・夏合宿の担当者もOB会に来れそうだったら来てOK。

3. 新歓ツアー
・渋谷のプラネタリウムとスイパラへ行った。
・新入生+現役の28人で楽しんだ。
・他のサークルは飲むイメージが強かったので、新入生に好印象だった。
・新入生の確定人数は来月のOB会で伝える。

4. 今期の現役の予定
・今期の現役の年間行事予定を共有してもらった。

5. 60周年
・日程は桜麗祭付近を除いた上で、OBの方で決定する。
・日程、会場、費用が決まれば、OB会報と共に案内状を発送出来る。

6. 第65号OB会報
・6月以降に、60周年やOB総会の案内と一括で発送する形を取る。
・印刷の外注を行うので、余裕を持ったスケジュールが必要。
・OB会役員の所信表明など、原稿に未提出があるので、
 未提出分の原稿提出をお願いします。

7. 来月以降のOB会
・現役と情報共有をしっかりとした方が良い為、可能な限り対面で開催して行く。

8. 次回OB会
・5月と同じ会場で開催予定。
====================================================================
<日時>
2023年6月6日(火) 20:00~22:00

<会場> ※オンライン併用
新宿貸し会議室(東京都新宿区新宿4-2-21)
(JR新宿駅ミライナタワー改札より徒歩4分、
 地下鉄新宿三丁目駅E6出口より徒歩20秒)
会場詳細:https://www.spacee.jp/listings/24410
⇒設備の規則上、場所等の詳細は予約者以外には、公にしてはいけない為、
 お手数ですが、開催日前に流れるMLの方でご確認下さい。

<注意>
・退出時に簡単な清掃を行います。
・飲み物や食事は出ません(持ち込みは可能)。
・会場入室が20時からの為、会場からのオンライン接続は20時よりも少し遅れます。
 オンラインでの参加方法は、MLやOB会役員へお問い合わせ下さい。
====================================================================

以上。

2023/4/4 OB会定例(抜粋)

 日本大学天文学研究会OB会定例

日 時:2023年4月4日(火) 20:10~22:40
場 所:オンライン(Discord)
出席者:
[OB] 観測所事務長(27)、OB(36)、会長(40)、
   編集局長(42:記)、副会長/広報局長(43)
[現役] 大月OB連絡(59)

1. 春合宿(大月OB連絡[59])
・日程:3/21(火)~24(金)
・場所:内浦山県民の森 森の宿せせらぎ(千葉県鴨川市)

<1日目>
・曇ったが、2時間粘って流れ星が少し見えた。
・色んな学年で交流出来て良かった。

<2日目>
・2年生を中心に望遠鏡を組み立てた。
 しし座の二重星「アルギエバ」、アルコル、ミザール、流れ星などを探した。
・観測前に発表を行った。4年生が見つけ辛い星の見つけ方のプレゼンをした。
・バーベキューで追いコンを行った。
・この日は晴れたので、行う事を全てつぎ込んだ。

<3日目>
・土砂降りだった。
 体育館でドッジボール、バレーボール、だるまさんが転んだなど、
 部屋でボードゲームなどをして遊んだ。

・4年生からは5人、院生2年からは1人参加した。(大月OB連絡[59])

・以前の春合宿では、発表として研発を行っていた。
 天文なら何でも良く、例えば、星占いが好きなら、そういう様な発表など。
 また、天文に関係ない趣味などの発表として、
 一ゼミというものを行っていた。(会長[40]・編集局長[42])

・普段の天文研の活動として、天文に関する発表として、
 NovaCygというものを行っていた。(会長[40])
  ⇒サークル室のロッカーに資料が残っているかもしれない。
   かつては紙ベースで発表していたが、
   最近はパワーポイントなどで発表していると聞いた。
   その為、近い代のOBに資料の場所は聞いた方が良いと思う。(編集局長[42])

・以前の春合宿では、夏合宿や桜麗祭などのPT長を新2年生で決めていた。
 今は活動に慣れていないと思うので、学年関係なく、全体で回したり、
 やり易い形でやってもらって良いと思う。(会長[40]・編集局長[42])

2. 新歓(大月OB連絡[59])
・対面で始まる。ブースの場所は既に決まっている。

・5/7(日)に、新歓ツアーとして、プラネタリウムや焼き肉を予定している。
 去年はスイパラだったが、焼き肉の方が話し易いと考えた。

3. 夏合宿
・まだ特に決めていない。コロナ前の夏合宿の事はあまり聞いていないが、
 行ってみたいという人はいる。(大月OB連絡[59])
  ⇒コロナ前の夏合宿に関してを下記の通り説明し、持ち帰ってもらう事にした。

<場所>
・山形県鶴岡市の「小国ふる里ふれあい村 楯山荘」という所に
 行っていた。(編集局長[42])
  ⇒https://www.tateyamasou.com/
・最初に小国を選択したのは、夜空がとても暗くて、星がたくさん見えるから。
 天の川が凄い。(観測所事務長[27])
・虫はいる。(編集局長[42])
  ⇒星が見える所には虫はいるもの。(会長[40])

<日程>
・お盆期間中は実家に帰ってしまう人もいる為、お盆明け頃に10泊前後。
 前回の2019年は9月にも掛かっていた。
 途中から参加したり、途中まで参加したり、という人もいた。(編集局長[42])
・星を見る上で、月齢にも注意した方が良い。(観測所事務長[27])
  ⇒月を見る様な形になっても良いとは思う。(会長[40])
・計画は5月頃から決めていたが、
 それは行く場所やPTも予め決まっている上での時期だった。(会長[40])
  ⇒4月に8月の予約が取れていた。(OB[36])
  ⇒合宿の時期を先に伝えてしまって、人数は後からでも大丈夫。
   天文研との繋がりがあるので、電話で直接伝えても大丈夫。(会長[40])

<交通>
・青春18きっぷを使って、電車で半日掛けて、最寄駅から更にバスで行っていた。
 車組や最近は新幹線もいたかもしれない。(編集局長[42])
・最近行ったら、最寄駅のあつみ温泉駅から小国へ行く路線バスが廃止に
 なっていた。近年(コロナ前)はバスをチャーターしていた。(会長[40])
  ⇒【OB会後追記】
   小国への路線等、庄内交通の温海営業所管内の路線バスは2020年9月末廃止。
   https://www.traicy.com/posts/20201004183913/

<活動>
・地元の人との交流会(期間中の土曜)、地元の子供達との観望会、
 代によっては運動会もあった。ドローン、ペットボトルロケット、
 気球を飛ばしたり、プラレールを走らせたり、おたのみ会(飲み会)をやったり、
 ゲーム機やサークル室にあるプロジェクターを持ち込んで遊んだりもした。
 車を運転出来る人がいれば、周辺の観光などもした。あとは、ただのんびりと
 過ごしたりなど。(観測所事務長[27]・OB[36]・会長[40]・編集局長[42])
・食事は自炊。
 献立を考えるが、食材は頼んでおけば、持って来てもらえる。(会長[40])

<その他>
・今年3月に卒業した代が1年生の時に行ったのが最後。最近どんな感じだったかは、
 代の近いOBに聞いてもらった方が良いと思う。(編集局長[42])
・夏合宿を行う場所や時期は参考にして、
 やれる所からやって見るというのが良いと思う。(OB[36])
・以前の形に拘らず、期間を短縮したり、
 人数を絞ったりしても良いと思う。(副会長/広報局長[43])
・一番最初に小国へ行った時は、少人数で偵察合宿をしていた。(観測所事務長[27])

4. 大月観測所
・3/18(土)に大月観測所借地料の支払いに、OB[8]、会計[39]、会長[40]で行った。
 そこで下記の様な話が出た。(会長[40])

<状況>
・地主さんがもう90歳近く。
 大月観測所の土地を手放したいが、子供達は相続しない。
 出来ればOB会で買って欲しい。
 交渉次第では去年よりは少し安くなりそう。

<選択肢>
1. 現在の契約を終了し、2024年3月までに完全に撤去する。
 大月の維持が不要となる為、OB会自体も終了する。
 (課題)
  ・望遠鏡、観測所にある備品をどこに運ぶか?
  ・撤去費用がかかりそう。

2. 現在の契約を終了し、2024年3月までに完全に撤去するが、OB会自体は存続する。
 (課題)
  ・観測所なしでOB会はどの様な活動をするか。役員の見直しが必要?
  ・大月に代わる土地を探す?
   探せたとして、プレハブやルーフを作れるか?

3. 大月観測所の土地を誰かの名義で購入し、観測所やOB会も継続する。
 (課題)
  ・OB会は法人化していないので、会として購入は出来ない。
  ・誰かが買ったとして、固定資産税を負担してもらう事になる?
   買った人が売却したいとなった時に、今回と同様の問題が発生する。
   今までは大きな問題は起きていないが、
   観測所利用時に何か起きた時、買った人の責任が生じる?
   OB会としては、どこまで支援出来る?

<やるべき事>
・2024年3月までに結論に対しての行動の完了が必要となる。
 特に撤去する場合、作業等を考えると、
 今年9月頃までには結論を出さないと間に合わないと思われる。

・現役にもこの様な大月観測所の現状を伝えた方が良いか?(大月OB連絡[59])
  ⇒全部はまだ話さなくても良いと思う。
   そもそも、今の現役は、行った事がない大月の様子が分からないと思う。
   現状の大月を見て、使いたいかどうか。OB会としては、
   使いたいのであれば、それをサポートして、残す方向で進める。
   一度見てみたいのであれば、4~5月頃に現役何人かで見に行っても良いと
   思う。簡単な観測は出来ると思う。(会長[40])

・5/13(土)に日帰りで行く方向で調整する。(会長[40])
  ⇒いつまでに参加者を決めれば良いか?(大月OB連絡[59])
  ⇒誰かしら行く事が変わらなければ、前日頃でも大丈夫だと思う。(編集局長[42])
  ⇒直前に5月のOB会があるので、その場でも大丈夫。(会長[40])

・大月観測所の最寄駅は、JR中央本線の猿橋駅。そこから歩いて30分位。(会長[40])
  ⇒その内、半分は登る。(編集局長[42])
  ⇒ただ、最近は車で行く事も多い。
   その為、歩いて行く道の現状が分からない。(会長[40])
  ⇒駅の近くにコンビニ、ふもとにスーパーがあり、
   そこで食料を調達。(会長[40]・編集局長[42])

・現在は半年に1回位の頻度で、OBが草を刈っている。
 以前は現役が短いスパンで行っていたが、
 最近は行っていないので、ボロが出ている。
 将来的には現役で管理出来る様な状態が望ましい。(会長[40])
  ⇒元々はほぼ現役だけで運用していた。(観測所事務長[27])
  ⇒今すぐ出来る様になる必要はないと思う。1年スパン位で。
   最初はOBも一緒に行く事になると思う。(編集局長[42])

・かなりアウトドアなので、そういうのが好きな人向け。
 水道なし、トイレは工事現場にあるもの。電気はある。(観測所事務長[27])
  ⇒好きな人は好きになるが、
   無理な人は無理で、はっきりと分かれる。(編集局長[42])

・見た事はないが、熊はいる。
 ただ、複数人いればまず出ない。
 1人での行動は避けた方が良い。(観測所事務長[27])
  ⇒現役で行く時も最低2人以上だった。(編集局長[42])
  ⇒小さい猪は見た事がある。(観測所事務長[27])
  ⇒怖い事を色々話しているが、
   40泊以上した自分は一度も見た事がない。(編集局長[42])
  ⇒100泊以上して、一度見た事があるだけ。(観測所事務長[27])

・虫もいるので、スカートや半ズボンはやめておいた方が良い。
 上も袖があった方が良い。(会長[40])
  ⇒ただ、この時季の日中は暑い事もある。(OB[36])
  ⇒中は半袖にして、上から長袖を着ても良いと思う。
   夜遅くなると、この時季はまだ冷えると思う。(編集局長[42])

5. 60周年
・例年は、先日行ったOB現役懇談会だが、今年は60周年を行う年。
 まだ形がしっかりと決まっていないが、立食パーティの様な形を考えている。
 先日のOB現役懇談会が大きくなった様な形。(編集局長[42])

・秋以降の開催を考えているが、現役の都合を次回OB会で教えて欲しい。
 もちろん、桜麗祭やその準備の時期は避ける。(編集局長[42])
  ⇒分かりました。(大月OB連絡[59])

・日程、開催場所、会費を決める必要がある。
  ⇒今年はOB総会の年。(編集局長[42])
  ⇒同じ日に同じ場所で続けて行った方が楽。(副会長/広報局長[43])
  ⇒会場は、冷蔵庫のある様な所が良い。(副会長/広報局長[43])
  ⇒大月観測所の課題に必要な寄付を募る。(観測所事務長[27])
  ⇒買取でも撤去でも寄付は募りたい。(会長[40])

・案内の葉書は届かない人がいるので、50周年の時は、伝手を辿って
 たくさんの代の人達に伝えて、たくさん集まった。(観測所事務長[27])

・OBに現役当時の写真を事前に送ってもらい、ランダムでスクリーンに映す。
  ⇒40周年?の時は、各自、写真やアルバムを持って来てもらって、
   みんなで見た様な。(観測所事務長[27])
  ⇒その他にも色々と持って来てもらう。
   持って来てもらった物をどの様に管理するかが課題。(会長[40])
  ⇒現役にサークル室の白本やシリウスなどを
   持って来てもらう。(副会長/広報局長[43])

・講演、ビンゴなどの余興を1つか、2つくらい。(観測所事務長[27]・会長[40])

・立食パーティでの飲食は、
 飲み食いのしやすい物を宅配してもらう。(編集局長[42]・副会長/広報局長[43])

6. 第65号OB会報(編集局長[42])
・6月以降に、60周年やOB総会の案内と一括で発送する形を取る。
・印刷の外注を行うので、余裕を持ったスケジュールが必要。
・OB会役員の所信表明など、
 原稿に未提出があるので、未提出分の原稿提出をお願いします。

7. OB会役員での臨時会議
・OB会役員で4/22(土)の10~12時に、
 上述の大月観測所の課題、60周年の開催について、オンラインで臨時に話し合う。
 60周年の開催についてを先にまとめてから、大月観測所について話し合う。

8. 次回OB会
・GWがある為、5月は第2火曜日に行う。
 また、新型コロナウイルスが5類へ移行する為、新宿での対面のOB会を再開。
  ⇒今後は、対面(オンライン併用)とオンラインを
   隔月にしても良いと思う。(編集局長[42])

====================================================================
<日時>
2023年5月9日(火) 20:00~22:00

<会場> ※オンライン併用
新宿貸し会議室(東京都新宿区新宿4-2-21)
(JR新宿駅ミライナタワー改札より徒歩4分、
 地下鉄新宿三丁目駅E6出口より徒歩20秒)
会場詳細:https://www.spacee.jp/listings/24410
⇒設備の規則上、場所等の詳細は予約者以外には、公にしてはいけない為、
 お手数ですが、開催日前に流れるMLの方でご確認下さい。

<注意>
・退出時に簡単な清掃を行います。
・飲み物や食事は出ません(持ち込みは可能)。
・会場入室が20時からの為、会場からのオンライン接続は20時よりも少し遅れます。
 オンラインでの参加方法は、MLやOB会役員へお問い合わせ下さい。
====================================================================

以上。

2023/3/7 OB会定例(抜粋)

 日本大学天文学研究会OB会定例

日 時:2023年3月7日(火) 20:10~21:00
場 所:オンライン(Discord)
出席者:
[OB] OB(36)、会長(40)、編集局長(42:記)
[現役] (欠席、大月OB連絡(59)から事前連絡・報告あり)

1. OB現役懇談会
・日程:2/4(土) 19:00~21:30
・会場:下高井戸 居酒屋たつみ本店3階(たい焼き屋のある本店)

・現役からの感想の報告があった。
 下記抜粋、詳細は第65号OB会報に掲載予定。
  -ごちそうさまでした!
  -大月観測所や小国へ行きたい、大月観測所の雑草を刈りたい
  -過去の活動の話、同じ役職の人の話、卒業後のOBの仕事の話など、
   色々と聞けて良かった、貴重な体験になった、これからが楽しみになった
  -もう少し色々な方とお話が出来たら良かった

2. 新歓、来年度の現役の活動方針
・新歓合宿を行う際のメリットやデメリットを挙げていき、
 新歓合宿は行わないという結論になった。
 主な理由として、来年度に運営していく代が大きな合宿や行事に
 参加した経験が少ないという点がある。(大月OB連絡[59])

・上記の決定も踏まえ、来年度は「少しずつ対面での活動、行事自体に慣れていく」
 という方針で活動して行く事になった。(大月OB連絡[59])

・新歓合宿を行わない替わりに、4~5月に観測、活動する日を増やす、
 SNSを使用して観測出来る日を伝えるなどして、
 新入生を勧誘していこうと考えている。(大月OB連絡[59])
 →「いつ完全に慣れる」かの目標は、様子を見ながら検討中か?
  願望レベルで良いので、現役内で目標を共有しておくと良いと思う。
  慎重なまま、1年が終わってしまうと悲しいので。(副会長/広報局長[43])
 →今の所、検討中。確かにこのままでは、
  慎重なままで終わり兼ねないので、目標を共有したい。(大月OB連絡[59])

3. 春合宿
・日程:3/21(火)~24(金)
・場所:内浦山県民の森 森の宿せせらぎ(千葉県鴨川市)

・最終日に現地で追いコンを開催。
・引継ぎなども行う予定。

4. 大月観測所
・5月中旬くらいのタイミングで整備を行いたい。(OB[36]・会長[40])

5. 大月観測所借地料支払い
・3/18(土)に大月観測所借地料の支払いに、
 OB[8]、会計[39]、会長[40]で行く。(会長[40])

・地主の方から、2年を目途に土地を売りたいという話がOB[8]に来ている。(会長[40])
 →土地が売られたら、どうなるのか?(編集局長[42])
 →買い手次第だが、更地にしないといけない可能性もある。(会長[40])
 →天文研OBで買うとしたら、価格はどの位か?(編集局長[42])
 →約〇万円ではないかと思う。(会長[40])
 →大月観測所の土地の種目は?(OB[36])
 →農地。(会長[40])

6. 60周年
・今秋頃は、まだコロナの影響もあるかもしれない時期。(OB[36])
 →難しければ、60周年に拘らず、
  62周年辺りでも良いかもしれない。(編集局長[42])

・立食パーティ+思い出の写真や映像を借りて流すという形も良いと思う。(会長[40])
 →色々な世代が来やすい様な感じ、ラフな感じが良いのではないか。(OB[36])
 →大きな貸し会議室を借りれば出来ると思う。(編集局長[42])
 →貸し会議室だと、60周年としてのグレードは低いかもしれない。(OB[36])
 →貸し会議室でも色々なタイプがあり、
  グレードが高い所もありそう。(編集局長[42])

・今日は出席人数が少ないので、来月に改めて話し合う。(編集局長[42])

7. 第65号OB会報(編集局長[42])
・5月頃の発行が目標。
 印刷の外注を行うので、余裕を持ったスケジュールが必要。
・OB会役員の所信表明など、原稿に未提出があるので、
 未提出分の原稿提出をお願いします。

8. OB会員募集(編集局長[42])
・今月に卒業の4年生に連絡を取って、OB会入会の募集を行う。

9. 次回
・4/4(火) 20:00開始予定
・オンライン(Discord)

以上。