大月観測所 現状確認 (2019/11/4)

台風19号で小規模な土石流の被害を受けた大月観測所ですが、ドローンで他に被害が無いか上空から確認してみました。

観測所を上空から引いて撮影。以前からある崖(ギャオ)が赤茶けて見えますが、それ以外に新たな崖崩れは見当たりません。
観測所の下にある崖(通称ギャオ)の空撮写真です。左が春、右が今回の台風19号後です。春と秋で植生や色味がだいぶ違いますが、崩れている領域はほとんど変わっていません。ただし崖直上にあった白っぽい幹の木が1、2本崩落して、その部分の地面が濃い赤茶色になっているのが分かります。
畳や板張り部分に少し浸水して染みてしまっている部分を確認しましたが、いまのところカビてはいないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください