2020/11/10 OB会定例(抜粋)

 日本大学天文学研究会OB会定例

日 時: 2020年11月10日(火) 20:15~21:20
場 所: 新宿貸し会議室(オークプラザビル4階)
出席者:
 [OB] 会計(39)、会長(40)、編集局長(42:記)、広報局長(43)
 [現役] 現役(55)、大月連絡(56) ※現役はオンラインでの出席

1.現役より
・オンラインでNovaCygを開催した。
 新入生向けのサークル紹介、星の紹介、その他にテーマを決めて。(大月連絡[56])
  ⇒いきなりだと難しい面もあると思うので、
   少しずつ広げていけたら良いと思う。(会長[40])

・新型コロナ以降、多分、サークル室に入っていない。
 サークル棟自体が閉まっている。(現役[55]・大月連絡[56])

・代替総会については検討中。(大月連絡[56])

・OB会報に掲載する現役活動報告については分かりました。(大月連絡[56])
  ⇒今年は書ける内容があまりないと思うけど、
   現状を書いてもらえれば良いです。
   無理に内容を膨らます必要はないです。(編集局長[42])
  ⇒後から見て、この年は何をしていたか、
   記録に残しておく事は大事。(会計[39])

2.OB
・大月観測所
 ・草刈り 12/13(日)
  ・12月に木星と土星の大接近があるので、その辺りで行く?
  ・ふたご座流星群もある。(12/14(月)極大 HR55)
 ⇒来月のOB会で決める。

・OB会報
 ・1月発行を目標で進め、原稿〆切は年内。(編集局長[42])
 ・新型コロナ再拡大の懸念がある為、
  通常行っている様な手作業での印刷、製本作業は避けたい。
  今号に限っては、
  試験的に電子での公開にしてはどうか。(会長[40]・広報局長[43])
 ・電子の場合、以下の方法が考えられる。
  ⇒OB会サイトで公開(個人名はイニシャルなどにする)
   メーリングリストでの展開
  ⇒詳細な方法は、なるべく早く詰める。

3.次回
・12/1(火)20:00~
・ここに来て、新型コロナ再拡大の懸念が出て来た為、
 貸し会議室ではなく、再度、オンラインのみでの開催とする事も検討。
 ここ1、2週間程度の状況を見て、どちらにするかを判断する。(会長[40])

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください